HISにばかり耳がもっていかれる「細野晴臣トリビュート」

未分類

 昨年の細野晴臣トリビュートアルバム-Tribute to Haruomi Hosono-に続き、今年もリリースされたトリビュートもの。
細野晴臣 STRANGE SONG BOOK-Tribute to Haruomi Hosono 2-(DVD付) 細野晴臣 STRANGE SONG BOOK-Tribute to Haruomi Hosono 2-(DVD付)
 実際のところ、細野さんのオリジナルの多くはしらないんだけど、メンツの豪華さに惹かれて買ってみた。
 知らない曲のほうが多いんだ。やっぱり。で、知らない中にも、「おっ、なにこれ?」っていうメロディがあったりする。これまで持ってた細野さんのイメージとはまったく違う感じ。どんなアルバムに入ってたやつ? って思ってライナー見ると、「H.I.S」(最初のやつ)だったり「坂本冬実」(今回のやつ)だったりする。うーん。すげー。
友達がH.I.S.のアルバム、確か持ってたはずだ。借りよう。
 あと、今回のに限れば。どっかの小学校の音楽委員会と音楽クラブの『風の谷のナウシカ』とか、めちゃくちゃ意外のものがあったり。
 大貫妙子、シナロケ、鈴木慶一、久保田麻琴、鈴木茂&青山陽一、吉田美奈子&河合代介 DUOなど、大御所かつ細野さんとのつながりの明確な人とかも多数あったのがうれしかった。サンディー(SANDII)が参加してるシャイ・モンゴロイドっていうグループもすごかった。「オムニ・サイト・シーイング」収録の曲。聴いたはずなんだけど、まったく記憶にない。あらためて買おうかと思った。アルバム。つっても変えないか。今じゃ。大学の先輩にもう一回借りよう。うん。

コメント