お使いのアカウントで不正な操作が検出されました。

 Gmailをはじめアクセス解析などGoogleのサービスを普段から使っているわけですが、ログインしようとしたら
お使いのアカウントで不正な操作が検出されました。アカウントへのアクセスを直ちに回復するには、携帯電話番号を入力してください。
 とのメッセージ。あれっ? 初めて見た。かなり不安になるメッセージ。
 説明を見るとどうやら、誰かが不正にログインしようとしてるのでアカウントへのアクセスを停止したということらしい。ちゃんとしたパスワードでログインしようとしてもなんらかの本人確認をしないとGoogleが許してくれない模様。ということで、電話番号などを入力することに。
 入力項目は国名と携帯電話のキャリア。キャリアには、携帯電話用のメールアドレスのドメインを選択するドロップダウンリストが出てくる。ウィルコムだとwillcom.com、pdx.ne.jp、wm.pdx.ne.jpとか。一応、ウィルコムにも対応してるんだな、とちょっと安心。でもって、さらに携帯電話の電話番号を入力する欄がある。
 でもって、「確認オプション」として、「音声通話」というのがある。これは選択不可。これで決め打ち。ほかの選択はでいない模様。うーん。でもって、「確認コードを知らせる自動音声通話がGoogleから携帯電話に発信されます。」とある。とりあえず、必要事項を入力。

アカウントをご確認ください。
確認コードをxxxxxxxxxに送信しました。
メッセージが届かない場合は、再送信してください。

 というメッセージの下に「コードを入力してください」という入力欄が。
 電話を待つ。
 30分たっても電話がかかってこない。
 「確認コードが届かない場合はサポートオプションの詳細をご確認ください。」とあるのだけど、それを見てもいまひとつ。すぐに再入力しちゃだめ、みたいなことも書いてあるしまたまた不安。
 「携帯電話でアカウントへのアクセスを回復できない場合は、サポートにお問い合わせいただくことも可能です。」とも。
 この間、いろいろ検索してみると、「携帯電話がないからなにもできない」みたいな質問がYahoo!だかgooに上がっているのを発見。なんか困っている人は多少なりともいる様子。まあ、なんの解決につながるものも発見できないのだが。


 まあ、待ってても埒があかないので再度入力して「携帯電話に確認コードを送信」ボタンをクリック。
 ほどなく電話がかかってきた。ひと安心。相手の声は録音済音声。こっちが何を言う必要もない。「自動音声応答です。確認コードは○○○○です」みたいな感じ。5桁の数字を伝えられる。ありがたいことに、確認のため繰り返してくれる。
 問題なく聞き取れ、メモできたので電話を切ってブラウザに先ほどのコードを入力。
 これで、通常どおりログインできた。
 調べた限りでは、この時点で今後こんなことがないようになんらかの情報(携帯電話番号とか)の入力を求められたという人がいたのだけど、今回はそういうメッセージはなかった。まあ、次回、こんなことがあってもあわてることはなく落ち着いて対処できるだろうと思い、自分を納得させることに。
 仕事でせっぱつまったときに、gmailなどのGoogleのサービスから重要なデータを引き出せなかったらとっても困ることになりそうだ。Google依存もちょっと怖いことがあるかもなあ、と一瞬だけ思った。あと、gmailのアドレスを使っていろんなサービスに登録しまくっているのだけど、それも危険だろうなあ。gmail以外のサービスも同じアカウントで使うのはまずいんじゃないか、AdsenseやAnalyticsだけでも分離したほうがいいかも、とか。
 Google Appsで普段の仕事で使う独自ドメインのメールも扱っているのだけど、そちらも今回のようなことがあったらと思うとこれまた不安。さて、どうしますかね。まあ、Googleが大丈夫じゃなかったら、ほかのクラウドだって使えないわけですけどもね。
 あれか。アカウントのページで「予備のメール アドレスをアカウントに追加」ってしておけばいいのか。まあ、これにどのメールアドレスを追加するのか、っていう問題もあるけれども。どれとどれが予備関係になってるのかも記録しておかないとだめかもね。
 というわけで、「お使いのアカウントで不正な操作が検出されました。アカウントへのアクセスを直ちに回復するには、携帯電話番号を入力してください。」って表示されてあせって検索してここへたどり着いた方は携帯電話があればそれほどたいへんなことじゃないですよ、ってことをお知らせしておきます。おわり。

コメント