『魍魎の匣』感想。前作よりぜんぜんよかった

 見る前の想像では。「見終わったあと、やっぱりつまんなかったっていうよ、きっと」「いや、ぞれでも、前作よりはだいぶよかったっていうはずだ」とか言いながら、観にいってきた。
 結果。
 うん。おもしろかった。よくできてた。前作から比べると数倍おもしろい。原作しらない人でも楽しめると思う(まあ、これはどうかは自信がないけど)。
 とにかく、映像はきれいだった。前作の「土曜ワイド劇場」みたいな安っぽさもなく。しっかりと、昭和の雰囲気を出してた(つっても、架空の昭和な感じで、日本っぽくないといえばそう。これ、どこの国の話だよ!っていうところもちらほらあったけど)。セットの出来はすばらしかったといっていい(だめなとこもあったけど)。
 どうせ原作のすべてのエピソードを入れ込むのは無理(なんせ1000ページとかある)のだから、不要な部分はばっさり切ったほうが映画としてうまくいくわけで。中途半端に書くくらいなら、なかったことにしたほうがいい。
 そのへんがちゃんと処理できてた感じ。まだ切り足りないところもあるかも、とか思ったけど。設定なんかもけっこう変わってるけど、それも許容範囲。
 ただ、谷村美月のあのシーンは衝撃的すぎだった。かなり悪趣味。
 原作のエッセンスはところどころに生かされてるけど、まったく違うといえば違う。それでもおもしろかった。TVでやるならもう一回見る。DVDは買わない。そんな感じです。
 

コメント