映画「ラブリー・ボーン」感想その1

 「なにがラブリーだ」。
 というのがおもな感想。もうかわいそうでかわいそうで。いや、それだけじゃないんだけど。
ラブリー・ボーン だいだい主人公の少女がすぐに死んでしまうのはCMなどにより、映画を観る前からわかっていたわけだけど、その経緯とかその後の経緯とか、見てられないシーンが連続。
 終わった後はなんかどうもすっきりしない。まあ、これでよかったとも思えるし。「ロード・オブ・ザ・リング」を観終わったときにもにた「もやもや感」を抱えることになった。続く。

コメント