木村カエラ『+1』のギターの音が良すぎる話

 ギターの音には無頓着だったんだけど、最近、わけあって注意して聞くようになった気配。そうしてみると。
 木村カエラの新作の『+1』のギターの音がすごいいい。気のせいかと思って、カエラの1stとか2ndとかを改めて聴いてみたんだけど、ぜんぜん違うんだ。どこが違うのかはまったくわからない。好みだろう、といわれればそうかもしれない。
 って感じなんですが、ギタリストの人、どうですか? 感想聞かせてください。
 卓球のジャスパーが入ってるからプラシーボかもしれん。
+1 (DVD付)
+1 (DVD付)
 


 っていうか、そんな気持ちで、あらためていろいろ聴いてみると。
 ミッシェルの最後の2枚の音ってすごい悪い。もっといい音で録れたはずだ。とか思うけど、ああいうのがメンバーの好みだといわれれば返す言葉もない。
 やっぱり好みがすごいウェイトをしめるよなあ。まだまだ修行だ。

コメント