ブラ愛好家

 存在する、ということは知っていた。劇団ひとりのコントであるとか、ドラマ(たとえば最近では『コードブルー』)などで。しかし、それを実際に目の当たりにすることがあろうとは。
 というわけで、ブラ愛好家の男性を実際に見たという話。
 場所はスーパー。日曜日。ちょっとはげかけた男性。年齢は40代。いや、下手すると30代後半かもしれない。
 下は半ズボン。上は。なんかよれよれの白の肌着。Tシャツじゃなくてあくまでも肌着といった感じ。でもって、メガネ。
 なんか胸が膨らんでいる。太っているのもあるけど、それ以上に不自然な感じ。
 近くに寄って見ると、その不自然さはよりまして来る。
 背は俺よりもちょっと小さい。
 当人の前を通り過ぎる。その瞬間に見えた。
 肌着の首のところから、その中が見える。真っ赤なブラが覗けた。
 「本物だ」
 なんか、言葉を失った。
 そうでなくても、シャツから透けて赤いのが見えてた。あらためて遠くから見ると。
 あれはわざと見せようとしてるんですかね?
 テレビで見るそういう人はひた隠しにしてたような気がするんですが。
 隠したいけど、見せたい、ってのもあるのかも。いや、わかりませんが。

コメント