DOOPEES新作収録のカヒミ・カリイ『NUNKI』

 今頃聞いてるんですが。カヒミ・カリイじゃなくてカヒミ・カリィなの? そんな2006年10月発売の作品。

 かなりアコースティック。それでいてミニマル。アコギメインで音数少なく、それでもサウンドで聞かせる作品。大友良英の作品といってもいいかもしれないような作品でもある。
 で、問題はDOOPEESの新作が最後に収録されてるとこ。たんにメンバーが参加っていうことだけでなく。
 「ハイ、キャロライン」
 「ハイ、スージー」
 なんてセリフも登場。


 自身の曲にそれとわかるように刻印のようにあるフレーズを入れ込む。これはピチカート時代の小西康陽がやってた手法(「NEW STEREOPHONIC SOUND SPECULAR」とか)。さらにCORNELIUSもリミックスなどでやってた。
フォーエバー・ヤン ミュージック・ミーム 3 それをヤン富田もやってる。
 って思ったけど、それとも違うね。
 あくまでもDOOPEES。うまい言い方が思いつかないけども。DOOPEES with カヒミっていう曲になってる。
 で。
 DOOPEES名義の新作が遅れてるけど、これでちょっとがまんできる気がしてきた。いや、いくらでも待てるわけだけど。

コメント