Jazztronikかっこいい話

 Jazztronikを知ったのはTikiTiki以降。たぶん、サンレコのレビュー。その後、スカパーのライブで見て普通じゃねーな、とか思ってたんだけども。

 最初に聞いた印象は福富幸宏 の2番煎じ。でもけっこう違うのだな。福富はなぜかストイックすぎる。一方でJazztronikはそういったテクニックをふまえたうえで、あえて下世話に作る。大沢とかとも微妙に違うベクトル。
 で、あまりにもジャストフィット(言葉が古い)。今回の新作『Grand Blue』のゲストがこれまた豪華。
 SOIL & ” PIMP ” SESSIONSとか、VERBAL(m-flo)とか。そんなんはどうでもいいくらい衝撃的だったのが、大貫妙子と今井美樹。もうピンポイント。80年代のリゾートミュージックそのまんま。いや違うか。
 さらに山崎まさよし なんかもゲストで登場。こんな豪華なアルバムがあるかよ、と思った。
 曲調もまたしびれる。もうびっくりした。ホーンの使い方にもぐっとくる。

コメント