大泉洋が表紙の雑誌のきまじめなレビュー

 Mac Fanの9月号の表紙は大泉洋だ。
 「何かあったらこれを読んでくれ」と付録の冊子を持ったミスター大泉(by ゴメス・チェンバリン)がまじめな顔をして写ってる。
Mac Fan (マックファン) 2011年 09月号 [雑誌]
 ちょっと珍しいタイプの表紙だ。本人の了解はまあとってはいるんだろうけども、こういうのを嫌う人もいるだろうな、とか思ったりもしたので。
 で、Macユーザーならそんなことよりも内容が気になるわけだ。新OSのLionのインストールはどうなんだろう? と。で、その答えはAmazonのレビューにあった。これがなんともきまじめで好感が持てた。どうやら、この雑誌を読めばインストールはわかるが、Lion搭載モデルのことは締切の関係で間に合ってないとか。これさえわかれば、という人は多いだろう。この人は毎回こういうレビューを書いているんだろうか? まあ、もう店頭からはなくなってるころかもしれませんが。

コメント