ユークリーリー

 週末は楽器フェアへ。東京ビッグサイトで3年ぶりに開催。
 たまたま行ったブースにいた人が日本語がだめで、英語でしか通じず。ヒアリングができないので、わからないところは紙に書いてもらう。
 で、「ユークリーリー」と聴こえるのだけど、何を言っているのかわからない。
 書いてもらった文字を見ると
 「Ukelele」
 であった。
 「Uke」と書いて「ユーク」と読むとは知っていたが、「ウクレレ」と思っていた「Ukulele」が「ユークリーリー」になるとは!
 ということで、勉強になった。英語ができたらなあ、とはずっと思うのだが、まあ読めるから(辞書やWebで調べればなんとかなる)、とほっといてきた。これでヒアリングができるようになるわけはないのだが。


 まあ、しょうがない。


コメント