7インチタブレットColorfly E708 3G用にダイソーでケース買った

 昨年夏に遠方に住む家族のために3Gが使えるタブレットとして、Colorfly E708 3Gという7インチAndroidタブレットを購入した。正月に帰省する際にケースもあったほうがよかろう、ということでケースを物色。安く済ますために100均一ショップでおなじみのダイソーへ。
 買ったのはこんなやつ。
Androidcase2
 ダイソーでは100円以上の商品も数多く扱うようになったわけだが、これは確か100円だったと思う。
 E708 3G本体を入れるとこんな感じ。
Androidcase1
 蓋はジッパーやボタンもなにもないやつ。折り返してかぶせる、みたいな感じ。ちょっとブカブカぎみだが、裸でも持つよりはよいだろう、という感じ。
 なんといっても本体がプラスチックばりばりないかにもヤワそうなボディなので、なんかないと不安かも、ということで。


 ついでに保護フィルムも買った。大きめのやつを切って使おうという魂胆。
Androidcase3
 しかし、E708 3G本体を改めて見ると、すでにフィルムが貼ってあった。がーん。
 いや、貼ってあるのは気づいていたのだ。しかし、それがいかにもヘロヘロでキズもつきやすいものだった。それを剥がして新しいものを貼ろうとしたら、ヘロヘロなやつの下にもう1枚、しっかりしたフィルムがあったのだった。そう、2重になってたのだな。表面にあったのは、保護フィルムの保護フィルム(すぐ剥がして捨てる用)、ということだったのだ。
 まあいい。手間が減った。新しいフィルムをすでにサイズに合うように切っていた(レンズ周りもちゃんと切っておいた)のだけど、貼る際にゴミを取り除くとかやり始めると毎回恐ろしく時間がかかっていたので(負け惜しみ)。
 あと、今回の帰省の前のタイミングでいったんこちらに戻してもらっていろいろ設定を見なおしていたのだけど、それについては前書いた。
 Colorfly E708 3Gその後、SMSなしデータSIMではちょっと大変: point of view point

 本体自体は電池のもちがイマイチなこと以外は特に問題がない。
 1万円程度でここまでできれば文句ないだろう。3G通信ができて、この解像度だし。
 そういえば、SMSなしのSIMで一度失敗したんだけどね(それについては上にリンクした記事でいろいろ書いた)。
 IIJmioのアプリで通信料をチェックできるのだけど、ちゃんと使われているようだ。今回は。


コメント