With POCKET MIKU & MIDI Designer, effects go crazy

 ポケミクのエフェクトを操るMIDI Designerのレイアウトについて質問が来ていたので回答してみる。英語での質問なので、翻訳サイトで英語にしてみる。だいぶ自信がない。
This entry is an answer to a comment to the following article.
iPhoneでポケミクのエフェクトを楽しめるやつ作った – MIDI Designerレイアウト公開
When you adjust some parameters they go crazy, change the setting about the following item.
v.pr 4(Feedback Delay)
v.pr 5(Feedback Level)
v.pr10(Dry / Wet)
Design – Advanced tab -Send on Release Only
Mididesignersendingrelease


 以下、経緯を日本語で。
 「iPhoneでポケミクのエフェクトを楽しめるやつ作った – MIDI Designerレイアウト公開」で紹介しているレイアウトを使った人からのコメントが来ていた。
 なんでも一部のパラメーターをいじるとぐちゃぐちゃになるらしい。エフェクトのパラメーターを設定する際の順番がおかしいんじゃね? ということで、手順をビデオにしてみたのだった。


POCKET MIKU VARIATION EFFECTS with MIDI Designer / ポケミクでバリエーションエフェクト
 で、これをアップしてから、コメントで触れているのは、フィードバックのディレイ関連のパラメーターと、インサーションにした時のDry/Wetをいじった時に発生するBuz noiseのことを指しているのだ、と気づく。
 おそらく、連続したメッセージ(continuous messege)に対応できないのではないかと思われ。ということで、スライダーを動かした際にメッセージを送信し続けるのではなく、指を離した時だけ送信すればいいという結論に至った。
 そんな設定があったよな、と思い探してみると、「Send On Release Only」という項目を発見。まさしくこれ。
 というわけで、その画像を上に掲載した次第。
 昨年の後半にMIDIの Designerが日本語化を果たしたので、メニューなどが日本語化されていたので、英語圏の人にどう伝えようか迷ったのだが、iOSの言語の設定で英語にできることがわかり、それでキャプチャした。
 というわけで、XG音源のエフェクトに使えるのはもちろん、さまざまなMIDIコントローラーが自分で作れるiOSアプリ(iPhone、iPadユニバーサル対応)「MIDI Designer」オススメです。まずは体験版的な位置づけのLiteからどうぞ。

(追記)
 なんかの間違いでLiteの値段がとんでもないことになっている模様。ほんとは無料なんですが。iTunes Store APIだけじゃなくて、iTunesで見てもそうなってるので、買うのはしばらく待ったほうがいいかも。

コメント