AVS-DEVICE-SDK動いた

 11月初頭からやっていたAVS-DEVICE-SDK。Raspberry Pi Zero WでAlexa動かすやつ。だいぶ時間がかかったが、11月中になんとか動かすことができた。びっくりするくらい時間がかかった。3週間はかかったよ。
 最初はUSBオーディオデバイスでやってたのだけど、だめだったので、Respeaker 2-Micを買った。それでもうまくいかなかった。
 そこで、公式からダウンロードしたまんまでは無理、という結論に。
 そんなこんなで、いろいろ検索した結果、以下のリンクにあるやつで動いた。
 Pi Zeroでwake word付AlexaとGoogle Assistantを並行動作させる(With ReSpeaker) – Qiita
 上記リンクはAlexaとGoogle Assistantを1台のラズパイで動かすという話で、自分としてはAlexaだけでよかったのだけど、一方だけではうまくいかないようだったので、Google Assistantも準備して(アカウントとか)、なんとか動いた次第。とにかく、ありがとうございます!


 それに至るまでは、Pulse Audioでつまづいたり、ALSA Audioの設定でつまづいたりといろいろあった。最終的にはPulse Audioは使わないほうがシンプルであった。たぶん。
 ややこしいものは最初から排除できればいいのだが、わからないときはそれがわからないのだ。初めて使うプラットフォームだったので、まったく勘が働かない。どれが基本すらかもわからないのだから当然だ(Linuxはネットワーク周りのしか触ったことがなかったので。いいわけ)。
 次回もまたつまづきそうなので、時間ができたら、流れをまとめようかと思う。

コメント