「ブログはミニコミだ」と竹熊健太郎がいう

 ココログの『ウェブログ虎の穴』にて「たけくまメモ」が紹介されている。っていうか、竹熊本人へのインタビューが。
 で、この人は編集者なんだなあ、と改めて思ったり。
 で、学生時代に作っていたというミニコミとブログの比較(投影)なんて話もあってすんごくおもしろい。そうか、ミニコミだと思ったら、いろいろ違うこともできそうだなあ。と思ったり。
 さらにアフィリエイトについても言及。自分で紹介したい本だけを取り扱う書店(まあ、AmazonのWebサービスを使うってことになるんだろうけど)を別サイトを立ち上げてやってみたい、ってのはぜひ実現してほしい。系統立てて紹介されるとやっぱり購買意欲も高まろうというものです。
 あー、まだまだやれることはあるんだな。まだ、やりたいと思ってできてないことがいっぱいあるし。とりあえず、始めてみよう。と改めて思ったり。
 一度、竹熊氏の本を買ってみよう。「たけくまメモ」経由で。
マンガ原稿料はなぜ安いのか?―竹熊漫談網状言論F改―ポストモダン・オタク・セクシュアリティサルまん 上 新装版―サルでも描けるまんが教室 (1)サルまん 下 新装版―サルでも描けるまんが教室    BIG SPIRITS COMICS SPECIAL万有ビンボー漫画大系―四畳半という楽園
 『サルまん』は在庫切れなんだね。残念。まあ、絶版ではないようなので。

コメント