マザーボード交換

 仕事用デスクトップPC。先週の金曜日に買っておいた中古のマザーボードに交換。
 ハードディスクはそのままでいこうというつもりで。つまりOSを一から入れることなく、ってのが目標。手間かけたくないから。まあ、ハードウェアの交換作業自体は問題なくいくわけで。次はソフトウェア。
 で、そのPC。Windows 2000とWindows XPのデュアルブート(っていうんだっけ?)なんですが。Windows 2000は問題なく移行完了。しかし、XPはそうもいかず。起動してくれないので、インストールCDを使うことに。でも、そのインストールCDは一番最初のバージョン。つまりSP(サービスパック)なしなので。
 SPをあてたCDを作るわけです。確か、窓の杜で紹介されてたよなあ。ってことで検索。「SP+メーカー」だった。これを使ってSP2適用済みのWindows XPインストールCDができるのだった。あー、こんな便利なものを最近まで知らなかったのはあほだなあ。
 で、そのCDをなんとか作って。実はここで意外なことにちょっとつまづいたのだけど。ノートのVAIOにプリインストールされてたDrag & Drop CD+DVDがISOイメージ焼く機能がないんだね。がーん。ということで、デスクトップPCでWindows 2000を起動して作成。むー。
 で、あとはCDからブートして、Cドライブ(XPがインストールされてるパーティション)にインストールを指示。修復するかと聞かれるのでYES。あとは待つだけ。これが終わると各増設カードのドライバも問題なく認識された状態に。ナイス。
 という感じでメモでした。あと、このPC。ATA133カードも入れてあって、それに増設HDDがつながってるのだけど、それらは外した状態で行いました。問題があったときに原因追求が面倒になりそうだったので。
 じゃあ、明日からあのソフト入れて仕事始めます。

コメント