Amazonアソシエイトの旧リンク

 あんまり注目されてないようだけど、メモ。
俺流amazonの作り方―Amazon Webサービス最新活用テクニック Amazonアソシエイトのリンク作成画面で生成されるコードが変わって数ヶ月。
 で、昔からAWS(ECS)を使ってる各種サービスで生成されるリンク用コードはどうなのか? っていう話がなされてきた。公式によれば、従来の(いわゆる旧リンク)も問題ない。という見解が。
 これ、はじめてじゃないか? この形式でのリンクをAmazonが認めたのって。
 アソシエイトタグの有効性について
 旧リンクってのは。
 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/番号(ASIN No.10桁の英数字)/アソシエイトID(XXX-22)
 ってやつね。


 まあ、何も言われてないから修正なんてせずにずっと、いわゆる旧リンクを使ってきたけど。
 これからも安心して使えそうだ。
 あれとかあれとかあれとか。ここで使ってるブログパーツとかもね。
 だいたい。これまでインプレッションはとれてないけど、クリック数とかは問題なくカウントされてたわけで、それが無効になってるわけないとは思ってたんだけど。公式の人がいうと説得力が違うなあ。とか。
 ayajp(Aya@AWSに最近改名)さん。お疲れ様です。

コメント