iPodを買ってやったこと−ストリーミングをMP3に

 iPodを買ってやったこと。CDをリッピングして、転送。それが普通。でもそれだけじゃ終わらないのが普通の人。インターネットのストリーミングをiPodに転送とかやってみたいと思ったので。
 ストリーミングでライブ、ってのがけっこうあるのだな。それも残したいってことで、録音する。最近のWindowsマシンは再生音を録音する機能が、サウンド機能(オーディオ機能?)にあるのだな。それを利用。なんのソフトでもいいんだけど。たまたま、家のマシンはVAIOなので、『Sonic Stage Mastering』で。別にVAIOが好きで買ったんじゃなくて。っていう言い訳。VAIOは銀パソとかいわれてるやつなんだけど、クリックボタンがはげてるし。その上にタバコの灰を落としたところがはげてるし。最悪。ThinkPadがどれだけよかったかと。でも、ThinkPadは高解像度マシンが異様に高いんだよな。というわけで、VAIOのPCG-Z1VE。泣く泣く。
 で、録音にSonic Stage Masteringを使ってストリーミングを録音。曲ごとにぶった切って、各トラックごとにWAVEファイル化(ワブっていうやつがいるのがむかつく。ウェーブっていえばいいのに)。それをMP3に変換してiPodに転送しました。すげーいいな。手間はかかったけど。こういうソフトはいくらでもあるので、各自探してください。市販ソフトだと、Steinbergの『get it on CD』とかかなあ。うろ覚えで。
 ほんでもって、録音、MP3化したのはもちろんあいつらなわけで。DCPRGで。さようなら。

コメント