deleting orphan file record segment

 先日より調子が悪かったデスクトップPCがまたメッセージ出した。今度は再起動時にCHKDSKがかかったらしく、「deleting orphan file record segment」ってのがたくさん。本格的にHDDの調子が悪いのか。
 調べてみると、ファイルが壊れてる場合に出る模様。とりあえず、しばらくほうっておいたのだけど、進行状況を示す「○○%」というのがまったく動かなくなったので、リセットボタン。そしたら、起動しなくなったよ! またかよ! っていうか、リセット押すなよ、俺!
 ということで、また、Windows Vistaのインストールディスクで起動。修復を選ぶと、起動ディスクが見つからない模様。どういうこと? と思いつつ、さらにメニューを見ると、別に修復がある。こちらからや選択して修復開始。終わったところで、「うまくいってればWindowsが起動します」というなんとも頼りないメッセージ。で、再起動。なんとか起動したよ。よかった。
 で、見た目ちゃんと起動したWindowsからブートドライブのチェックを行う。Cドライブのプロパティで「ツール」タブの「エラーチェック」だ。これやっても問題は出ない模様。ほんとに大丈夫か? 不安なので、HDDを新たに買っておきたいと思う。まあ、いつになるのかわからないのだが。最近、HDDをの価格は持ち直したのか? 安くなってるならすぐにでも買いたい。しかし、先立つものがあんまりないといえばないのだった。
 「PCのフリーズ、avgidseh.sysとcrcdisk.sysに悩まされ」の続きでした。

コメント