栗本薫さん死去

 ニュースを聞いたときには「ふーん」としか思わなかったけど。
 今日になってあらためて、「そういえば、栗本薫の小説、けっこう読んでるんだよな」とか思った。しばらく読んでないから忘れてた。
 一番好きだったのは伊集院大介シリーズだ。おもしろかったよなあ。特に初期。「天狼星」というか「シリウス」も最初はおもしろかったんだけど、だんだんどうかなあ、っていう感じになったんだった。個人的感想。
 というか、初期の作品と「天狼星」以降ってまったく違う印象があるよね。主役は同じなはずなんだけど。
 とかいうことを今日になって思い出していたりした。けっして熱心なファンじゃなかったんだけど、悔しさみたいなのがこみ上げてきたりした。読んでないやつもまだあるので、これからゆっくり読んでみようと思う。
 安らかに。

コメント