CORESERVER引越し

 数年運営しているサイトはレンタルサーバーのCORESERVERを使用中。これがここんとこひどく重いので、引越しを考えた。
 CORESERVERでは、サーバーが複数あり、それらの間でFTPを利用して引越しが可能だ。サーバー間での引越しというわけだ。ファイル自体はたいした多くない。問題はデータベースの引越だ。WordPressのデータベースのバックアップはプラグインがあるというのでそれを試したのだけどうまくいかない。PHPMyAdminを使っても、最後までダンプしてくれないことが多い。うーん。


 と悩みながら探してると、CORESERVERの管理パネルでバックアップがとれることを知る。
 で、この管理パネルからのバックアップは同じく管理パネルから戻せるという。実際にやってみると驚くほどカンタン。これまでいろいろ心配していたことがあほらしくなるほど。WordPressもDrupalも問題なく一発で移行完了。まあ、CORESERVER(というかCORE-A)はサーバーのスペック(OSやソフトウェア)が同じようなので、こんだけ楽だったというのはあるのだろうけど。
 こんなカンタンならもっと早く引っ越しておけばよかったと思った次第。
 ちなみに、引越し前のサーバーはs6。某観測所でチェックするといまだに群を抜いて重いのがわかる。私が引越し作業を開始する直前より1.3倍くらいにはなってるような気もする。
 CORESERVERがうまくいったとなると、もう1つ借りているXREA+のほうもなんとかしたいと思ったり。使用中のサーバーはいまだPHP4というのもあるし、MySQLのバージョンも最新のWordPressが非対応となってしまっているので。5月に支払い済みのアカウントの期限が切れるのでCORE-miniに移行というテもあるのだけど、さて、どうしたものか。
 いずれにせよ、引越しできるというのはすばらしいシステムだと思った今回。友達がレンタルサーバー借りたいといったら真っ先にCORESERVERをすすめると思います。というわけで、CORESERVERおよびXREAを運営するVALUE-DOMAINはこちらからどうぞ。

コメント