復活DCPRG at 日比谷野音

 ひどい雨のなか、たいへんおもしろかったです。まったく違うバンドになっているという印象。とりあえず、そんなところで。右のドラムの人最高!


追記
 セットリスト的なもの。菊地&坪口によるバラク・オバマの演説スクラッチ+アナログ・モジュラー・シンセのインプロビゼーション的なものではじまり。ジャングル・クルーズ、プレイメイト、catch 22、CIRCLE/LINE~HARDCORE PEACE、アンコールでミラーボール。いつもどおりといえばいつもどおり。短いけど。Hey Joeとか聴きたかったなあ、とか。
 ベースの音がアタックの利いたゴリゴリな音だったのが印象的。ボトムを支える栗原さんのイメージとはだいぶ違う方向。ドラムも含めてロック寄りになったという感想も。若いって違うなあ、と思ったり。これからが楽しみ。まだ、荒削りというか、まとまりがない感じだけど、まあ、最初ですからね。
 ゲストのTAKUYAのギターもよかった。ステージ前に出てきて客をあおるなんてのは、ジェイソンとか高井にはなかったものだし。坪口と二人で前に出てきたところなんかは笑ったなあ。本編最後もかっこよかった。やっぱりあの曲は盛り上がるよなあ。
 編成の変更にはあまり違和感がなかった。しかし、タブラのパートがなくなったのは残念。物足りない。CIRCLE/LINE~HARDCOREのあの間がよかったのに。まあ、今回の2人もそれはそれでよかったのだけども。

コメント