代官山T-SITEでローランド新製品が触れるイベントRoland Experience見てきた

ローランドの最新楽器の展示とかデモをやるイベントがあるというので、はじめて代官山T-SITEへ。蔦屋書店があるところだ。なかなかいいロケーション。恵比寿から15分くらい歩いて到着。
Roland Experience :: イベント :: ローランド
で、イベント会場は予想したよりも狭い。まあ、秋葉原のベルサールとかと比べると、っていう話だけど。
V-Guitar、V-Drums、JUPITER-50/80などなど。V-Drumsは今年出た新モデルは全部あったと思う。HD-3も合わせて7モデル(だっけ?)。ちょうど試奏する人がいなくなったタイミングでこっそりHD-3を試奏。っていうか、電子ドラムはじめて叩いた。予想どおりまったく叩けず。電子ドラムはじめて、っていうかドラム自体はじめてだった。そういえば。
V-Guitarがとっても気になっていたので、次はそちらへ。V-Guitarといっしょに置いてあるGT-100からはヘッドフォンがつながってるんだけど音が出ない。当然V-GuitarもGT-100につながってると思ってたんだけど、なんとギターにシールドがつながってない。ローランドの人に言わないとシールドをつなげてくれない、っていう感じだった。別のタイミングで見たら、弾いてる人もいたんだけど、それが終わるとシールド引っこ抜いてしまってた模様。なんで、常時弾けるようにしておかないんだろうか? いろんな機材があるからとっかえひっかえ試奏したい人を気遣って?
JUPITER-80とJUPITER-50は、iPad用のエディターの具合を見たかったのだけど、その展示はなし。残念。それからJUPITER-50は昨日発売だったそうだ。その発売したての50も触ってみた。まあ、鍵盤も弾けないんだけども。適当にコードおさえたり、アルペジエーター鳴らしたり。エディット方法がちょっとわからなかった。隣りの80を見るとカラー液晶+タッチパネルだった。値段が違うってこういうことなんだなあ。
デモ演奏もそれぞれあり。JUPITER-50/80のデモはちょっと物足りない。数曲演奏して、特徴を軽くトークする感じ。まあ、2機種やるには時間が足りないか。倍くらいの時間がほしかった。一方、アレックス・ハッチングという海外のプレーヤーのV-Guitarの演奏はとてもおもしろかった。やっぱりV-Guitarいいなあ、と思った。
それから小学生(9歳!)の女の子のV-Drums演奏もあり。HD-3の演奏はそんなにうまくないじゃん、とか思ってたのだけど、高いやつ(TD-30KVだっけ?)に移ったら、ぜんぜん違うのだった。うまいうまい。憧れのドラマーは神保さん、好きな音楽ジャンルはフュージョン! 今後が楽しみなプレーヤーだ。なんつって。佐藤奏(さとう・かなで)さんというそうだ。
というわけで、明日、日曜日もあるので、時間のある人はぜひどうぞ。試奏したいなら午前中のほうがいいみたい。

コメント