確定申告。クレジットカードの明細がないので取り寄せた

 今年も確定申告のシーズンがやってきた。各種明細をいろいろ揃えたりするわけだが、クレジットカードの明細がないことに気づいた。そういえば、電子化とやらの案内が来ていてプレゼントにつられてOKしたのだった。紙の明細がない!
 紙の明細が残ってない! 昨年までは何もしなくても手元に届いてたのに!
 そう。自分でカード会社のサイトでダウンロードしなくてはいけないのだ。しかし、ダウンロードできるのは3ヶ月前まで。ぜんぜんだめじゃん!
 と思ってたら、電話すれば明細がもらえるというではないか。さっそく問い合わせ。UFJカードだ。昨年の明細を見て電話をかける。回線がつながった状態で、機械による案内。そのまま、すんげー待たされる。
 で、オペレーターにつながったところ、明細送ってくれと頼む。請求書の再発行という形になる、日付と社名しか載ってないがそれでもいいか? みたいなことを言われたのだが、普通の明細はほかに何が載ってるんだ? と思いつつ、OKと答える。届くまで2週間程度かかると言われた。Webで調べたのとだいたい同じタイミングだ。
 それから13日後。届いた。ほんとにほぼ2週間だった。
 というわけで、それまで集計してあったものに、クレジットカードのやつを加えて作成完了。税務署に提出してきた。
 頼めば紙の明細が今でももらえるというのがわかったので安心した。今後もまたダウンロードを忘れることがありそうだし。
 っていうか、結局、こうデータはカード会社に残ってるわけだよね。電話での催促で紙の明細(というか、送られてくるのは請求書だ)を送る手間を考えたら、そのデータをダウンロードさせたほうがぜんぜん楽なのではないか? 人件費だってかかるだろう。
 いや、それ以上にWebサーバーの管理の方が手間と金がかかるのか? うーむ。

コメント