MDR-CD900STのコネクタをステレオミニに交換

 メインのヘッドフォン。ソニーのMDR-CD900ST。長いこと使っているが、標準フォーン端子である利点がないな、といまさら気づく。ステレオミニの機器に接続するには変換コネクタが必要。その重みが不必要に機器に負担をかける。これで接触不良になった機器がある。これはまったくいいところがない。
 ということで、ステレオミニに付け替えることにした。はんだごてがあるのだから、いつでもできたのだ。なぜ今頃気づいたのか。ステレオミニのコネクタだって、別の用途に使うために何個か買ってあった。思いついたらすぐやるのだ。これもリケーブルって言うのだろうか? 違うか。コネクタだけだった。
SONY 密閉型スタジオモニターヘッドホン MDR-CD900STSONY 密閉型スタジオモニターヘッドホン MDR-CD900ST


1p1500717
 元のコネクタ。標準フォーン。
2p1500718
 外してみる。ゴム的なカバーが。
3p1500720
 線が見える。とりあえず、根本からぶった切る。
4p1500721
 新しく取り付けるステレオミニのコネクタ。透明なカバーみたいなのも入ってた。
6p1500723
 ダイソーで買ったやつで固定してケーブルをハンダ付け。
7p1500727
 付け替え完了。
 完成。まあ、特にむずかしくはない。
 取り回しがだいぶ楽になった。音に変化は感じられない。すぐには元に戻せないので、両者の比較は無理というだけだ。記憶なんてあてにならない。あはは。
 実際は元から付いてた標準フォーン端子のケースを外すのを忘れて、新しいコネクタを付けてしまった。はんだを吸い取って、元のケースを外して、またハンダ付け。無駄な作業をしてしまった。二度手間。たまにやるとこういうミスをしがち。というか、ミスをしなかったことがないくらいだ。いまだにハンダ付けもうまくならない。

コメント