考えすぎな『ユリイカ 特集「ブログ作法」』

●感想
 はてなの特殊性が目立った。システム的なとこと、いる人たちのこと。
Amazon.co.jp: 本: 『ユリイカ』2005年4月号特集*ブログ作法 トラックバックとかコメントしなくても、リンクしただけで相手にわかるっていうことらしい。なるほど。
 あとはまあいいや。
 全体の感想。
 ・そんなにブログについてみんな考えてるのか?(むずかしすぎ)
 ・そんなに他人のブログを見てるのか?(人のことはいえないけど)
 まあ、これまでのブログに関する雑誌の特集としては一番おもしろかったかなあ。でも考えすぎ。
 竹熊健太郎のがいちばん卑近(?)な内容でよかったと思った。みんな考えすぎ。
Amazon.co.jp: DVD: ユリイカ(EUREKA) バスがたらたら走る映画と比べたらどっちが考えすぎだろう?
(って言いたいだけだといま気づきました)


●前のエントリの続き。
 うそをつくつもりもなかったし、その日にうそをついたことがあるのも子供のころくらいしかない。ひらがなばっかり。
 あと、週末は踊るベッキーがよかった。金スマとダンス部。なんとなく。

コメント