『イリヤッド』をやっと読み終えた&焼きそばバゴーンの話。

書籍・雑誌

 連載当時にビッグコミックを購読していたのだが、ある時突然、購読をやめてしまった。毎週、書店やコンビニで買っていたのだが、ふと買い忘れたのだ。なぜかそれがショックで、もう毎号買うのをやめてしまったのだった。連載で一番気になっていたのは、『イリヤッド』。「スーパー銭湯とかに行ったら、一気読みしよう」とか思っていたのだけど、行く機会がなく。その後、電子書籍をセールで安く買えるということで(すみません)、やっと全巻を揃えた。

 おもしろかった。スケールの大きさと、サスペンスとヒューマン・ドラマっぽいところと。よくできてるなあ。まあ、長いから&金がかかりそうだから、ドラマ化とか映画化とかはないんだろうなあ、とは思いつつ。海外資本だったらやってくれるかな。いや、長さ的に無理か。『MONSTER』だって頓挫してるわけだし。

 とりあえず、今のところ内容の話はしない。

 最終話の、映画で言えばエンドロールにあたる部分にスタッフの名前が書いてあった。「花沢健吾」とあった。びっくり。

 で、花沢健吾について調べてたら、たまたまこんなのが見つかった。

 つい最近の話。 

 なぜ、そんな話をしてるのかと思って検索してみると、八戸出身とか。これまたびっくり。よく読んでたコミックの作家が! と驚くことしきり。こんなこともあるんだなあ。

コメント