M5Atomとプレステコントローラーでページ・ターナー作る

M5Stack

 M5Stack ATOM Lite(以下、M5Atom)にプレステコントローラーをつないでMIDIコントローラーを作る話は昨年した。それの続き。

 プレステコントローラーをつなぐためのM5Atom用基板は2個作ってあった。1つをこの間会った友達に渡したので、それを使っていろいろテストしてもらおうと思ったのだった。プログラムはどうやって渡すか? 先方はArduino IDEを導入済みだが、ライブラリのセットアップとかも伝えるとなるとちょっと面倒な気もした。そこで、コンパイルは不要、バイナリをダウンロードしてそのままインストールできる方法をとる。M5BurnerというM5Stack公式が用意しているアプリケーションを使用すればよい。

 以下に詳しい。

 M5Burner v3の共有書き込み(Share Burn)の使い方

 M5Burnerをインストールして、M5Stackにアカウント作ってログイン。あとは、こっちから共有コードをメールなどでお知らせすれば、すぐにインストールして試せるというわけだ。

 誰でも使える公開済みのバイナリ(ファームウェア)もいろいろあるので、まずはそれを試してもらってもいいだろう。

 そんなこんなで、友達に共有コードで公開するのは、譜面めくりだ。4つのボタンの上下がPageUp/Down、左右がカーソルキーの上下。そんな割当にしている。PiaScoreなどの譜面ソフトだけでなく、普段のウェブブラウザでも使えるはずだ。

 アンプをMIDIでコントロールするやつは、これのあとで作る予定。しばしお待ちを。

コメント

タイトルとURLをコピーしました