古すぎるよ。薬師丸ひろ子の『ねらわれた学園』

 古い。古すぎる。スカパーでやっているのを見ているのだが。デジタルリマスターとかいうやつで、それなりに画像はくっきりしてる気がするのだけれど。
 もう、これは70年代とかそういうやつか、とか思ったりするね。実際は80年代のはずなんだけど。
 公開当時ですら、古い感じだったのではないか。
 大林宣彦ってそんな感じ?
 もうノスタルジックとかそういうんじゃない。古い。ただ、それだけ。
 これは薬師丸ひろ子をどうこう言ってるのではなくて。薬師丸ひろ子は今でもすばらしい女優だ。
 しかし、大林はなあ。おもしろい、といえば、そうなんだけど。
ねらわれた学園 Amazonで調べるといかしたジャケットのDVDを発見。
 これは映画っていうよりも、原作のイメージに忠実に作られた感じ。不気味な学園ものSFって感じがよく出ている。まあ、すんげー高いので買う人はいないと思うんだけど。
 高柳良一はここでもしょうゆ屋の息子なんだね。っていうか酒屋か。しょうゆが出てたけど。今。
 しかも父親はハナ肇だ! ぜんぜん記憶になかったよ。
 予告編の動画が見られるページ発見。Yahoo! Streaming。本編は有料、予告編は無料。
 この予告編ならおもしろそうな気配がしないでもない。まあ、そうやってだまされたんだろうけど。当時の若者。
死者の学園祭 限定プレミアムBOX あと、この映画での薬師丸ひろ子の演技はひどい。『死者の学園祭』の深田恭子のほうがうまいんじゃないのか? まあ、似たようなテイストだけどなあ。

コメント

  1. 3sw より:

    『ねらわれた学園』って原作では主役の女の子は超能力者なんかじゃないんだよね。中学の夏休みの宿題で読書感想文を書きましたよ。映画との違いなぞを書いたりしましたよ。それって本の感想じゃないか。

  2. point より:

    原作読んだはずなんだけど、ぜんぜん記憶にないやあ。