赤塚作品

 リアルタイムでみたことがあるマンガは「大先生を読む」だけだろう。
 それは、たぶん、単行本にはならないと思ってたら、あるとき、どっかのいかす出版社がやってくれた。
 でも、それは買い逃してる。まあ、かうほどでもない、とおもってた気はする。
 そんな感じだ。
 70年代の熱狂的な赤塚を知らないと、そんな感じだ。少なくとも、「大先生」とか「菊千代」とかをリアルタイムで見たことがちょっとだけあれに思える。あれってなんだよ。
 で、こういった出版物の話は通信環境がいいところで書くよ。

コメント