「ZAZEN BOYS 4」DVD感想

 やっと買えた。「ZAZEN BOYS 4」。ショップによって特典が違う、というのが気にかかっており。タワレコはCD、disk unionはDVD、とか。やっぱりDVDかなあ。とか思って。昨日、仕事関連で秋葉原から有楽町へ、さらにそこから御茶ノ水へ、という経路で歩きまくり。お茶の水のdisik unionにそれはあった。特典つきで。数日前にこれまた徒歩で行った近所(つっても1時間かかる)のunionでは売り切れ、近日入荷予定だったので、御茶ノ水にかけてみたのだった。それが正解。まあ、昨日はその後さらに上野まで歩いて合計3時間くらい歩き続けてみたのだったが。
ZAZEN BOYS4 で、DVDの感想を先に。
 アメリカでのライブ。かなり狭いスペース。音質も画質もけっしてよくない。とくに画質。照明もちゃんとしてないので、暗い映像、さらに暗所に起因するノイズも発生。まあ、それも味。カメラは1つの模様。パンが激しいが、アップメインなのでしかたない、というか、別に問題ない。
 音質。一応PAからとってるようで、カメラアングルによる音像の変化はなし。そこはさすがにプロ仕事。しかし、ミックスが悪い。ボーカルが聴こえにくい。まあ、それもPAから直でミックスのしようがないんだろうからしかたない。
 あの狭いスペースにちゃんとキーボード2台入れてちゃんと新アルバムの曲を再現してるのがえらい。ちょっと感動。
 そういえば、新ベースメンバー、初めて見た。坊主頭でまさにZAZENな感じ。その一方で松下がやせててさらに髪が長いので別人かと思った。
 シンセもいいけど、ディレイもうまいね。
 まあ、そんな感じで。以下、続きます。

コメント