電話とネット環境の引越し

 引越しに際して一番気になっていたのが通信環境。
 まずはNTTのウェブサイトで調べる。現在の住所の電話がつながる状態のまま、引越し先での開通が可能になるという。両方で電話が使える期間は最大1週間。という話だったのだけど、電話したら、1週間なんてもんじゃなかった。8日でもOK、との回答。へー。
 で、さらに。引越し先は光が使えるのでそれにしませんか? とか営業される。それはいいなあ、とか思ったので、じゃあそれにします、と答える。だまされてるかも。
 で、続いて、プロバイダに電話。OCN。現住所で使えている状態で、引越し先も開通できるという。メールアドレスもそのまま。DreamNetから移行したメールアドレスもそのままでOKだという。光になると新しいIDとパスワードが必要になるとのことで、それはメールでもらうことに。
 っていう電話が約1週間前。7月6日に光の開通工事があったので、引越し先で待機。30分ちょいで工事が完了。NTTから前もって送られてきたガイド冊子とCD-ROMを使ってさくっと設定完了。普通にOCNがつながる。そのときの書き込みが「Bフレッツ開通」であった。
 とりあえず、ネットにつながらない期間はまったくないっていう状態だったのがラッキー。ADSLにしてたら、1週間は不通になってたところだという。OCNの担当者談。ADSLじゃなくって、光だと、こういうことが可能になるっていう理由がまったくわからないんだけどな。

コメント