iPodがリモコンになる! ブルートゥース対応スピーカー「ZiiSound D5」その1

 クリエイティブメディアのBluetooth対応スピーカー「ZiiSound D5」が非常に便利&快適だったという話。
Main
 iPodを手元で操作、離れたところにあるスピーカーで高音質&リラックスして音楽が楽しめる。それだけ聞くとほかにも似たような製品はあるが、細かいところでありそうでなかったスピーカー、それが「ZiiSound D5」なのだ(リンク先はメーカーサイト)。ポイントは付属のBluetoothアダプターにある。
 「ZiiSound D5」の存在を知ったのは5月。モニターキャンペーンがあると知り、応募したところ幸いにも当選(キャンペーン名はクリエイティブメディア社 「Pure Wireless スピーカー “ZiiSound D5” モニターキャンペーン!」)。当選のお知らせ後、すぐに、製品がやってきた。
 届いて、まず驚いたのはパッケージのコンパクトさ。これなら家電店で購入しても電車で余裕で持ち帰ることができる。で、本体もこれまたコンパクト。とくに奥行きが短い。奥行き浅めの本棚にもぴったり収まる。
Package
 スピーカー本体とiPodとの接続は付属のBluetoothアダプター(以下、BTアダプター)。いや、ワイヤレスなので、接続はしないのか。iPodにBTアダプターを装着。スピーカーとiPodの電源をON。iPodの再生を始めればスピーカーが鳴る。カンタン。BTアダプターは非常に小さく、着脱は楽。電源はiPod本体から供給される。「機械が苦手」という人もきっと大丈夫だ。
 Bluetooth製品では接続する機器同士のペアリングという操作が必要なるのが普通だが、スピーカーZiiSoundと付属のBTアダプターはすでに済んでいる状態。面倒はない(本体&アダプター操作によるペアリングも可能)。
 音量調整はスピーカー上部にあるタッチパッドで行う。クリック感のまったくない、まさに触るだけでインジケーターが上下する不思議な感覚。この音量でとめたい!っていうのにはちょっと慣れが必要だ。とはいえ、本体のボリューム調整を行うことは、iPodを利用する分には不要。iPodの音量調整とスピーカーの音量連動してくれるからだ。
Meter
 iPodを触っているのだけれど、音は離れたところにあるスピーカーから、迫力と広がりのあるサウンドで聴ける。iPodをメインにしてからヘッドフォンで聴く機会が多くなった身としては新鮮な感じがするのも事実。そして、そのサウンドはけっこういい! コンパクトながらもわりと充実した低音を出してくれるし、小さな音の輪郭も意外とはっきりわかる。
 これまで、iPodサウンドをスピーカーでリラックスして聴きたいという場合はステレオミニケーブル経由でAVアンプにつないでいたのだが、この使い方、まず接続が面倒。でもって、AVアンプの音量はAVアンプのリモコンで、曲の選択などiPodの操作も必要。似たような小型デバイスを両手に持ったりしてるのはなんか間抜けだなあと思っていた。しかし、ZiiSound D5+iPodなら、操作するのはiPodだけでいい。ワイヤレスってこんなに便利なのかあ! と素直に思った。
 iPodドック搭載のステレオシステムは多く存在しており、私自身も何種類か触ったことがあるのだけど、リモコンが別に用意されるというのははっきりいって違和感があった。離れたところからiPodをリモコンで操作するのははっきりいってダイレクト感に欠ける。iPodのホイールならさくさく操作できるのが、リモコンのボタンだと何度も押す必要があったり、反応がにぶかったり。でも、ZiiSound D5なら、iPodそのものを「手元で」操作できるのだ。
 また、iPodをリモコンのように使える、というワイヤレス&iPod対応スピーカーという構成の商品もいくつかチェックしたのだけど、iPodに取り付けるトランスミッター部が大きかったり、別途充電が必要だったりとスマートさに欠ける。このへんもZiiSound D5のアドバンテージに感じられた。
 ZiiDound D5のスペックを知ったときには、「どうしてこういうのがこれまで出てなかったんだろう! 待ち望んでいたのはこれだったんだよ!」なんて思ったものだが、実際に触ってみて、その期待が間違いでなかったことを実感。けっこうハイテクなガジェットながら、とっても手軽に音楽が楽しめ、リビングルームでも主張しすぎないデザインということもあってインテリアとしてもなかなか満足できる、そんなナイスなスピーカー。家を訪ねてきた友人にめいっぱい自慢をしたりしたんだけど、そのへんも含めて、続きます。

コメント