楽器フェアでLine 6 Mobile InとiPad版PODを試したよ

 書くのを忘れてたのでメモ。楽器フェアでLine 6 Mobile InとiPadアプリのPODを試した話。
LINE 6 MOBILE IN iPhone/iPad用オーディオインターフェイスLINE 6 MOBILE IN iPhone/iPad用オーディオインターフェイス


 Mobile InはiPad/iPhone対応のギターインターフェイス(追記:iPod touchには対応してない模様)。ドック経由の接続なので、音質がいいのがポイントだそうで。24ビット/48kHzまで対応。ギターの音を録音するのに、そんなに違いがわかるか? と考えなくもないけど、スペックにこだわる向きにはまあうれしいところかも。
ティアック iPad/iPhone/iPod touch用マイク/ギターインターフェース iXZIK Multimedia iRig IPIRIGPLGIN アナログ入力のIK Multimedia iRigとかTASCAM iXZよりもその点で有利。しかし、AmpliTube for iPhoneでは使えないのが難点といえば難点か。とはいえ、専用のアプリPODのiOS版(Mobile POD)が使えるので、そこは問題ないか。
 で、そのMobile PODなんだけど、けっこう使いやすいし、音もすんごくいい。ユーザーインターフェイスもわかりやすいし、つまみとかも触りやすい。ソフトウェアアンプシミュレーターとしては、Windows/Mac用のAmpliTubeとかNative Instruments Guitar Rigに比べるとイマイチな評価だったりしがちだけど、iOS版はハードウェアのMobile Inを買えば、無償提供ってのもうれしいところ。そう、iOS版PODは無料なのだ!
 気になるのは、ほかのインターフェイスで使えるか? ってことなんだけど、これが使えない。とりあえず、インストールはできて、動作確認はできるけど、音は出ない、ってことだそうだ。
 ということで、AmpliTubeとPODの両方を使いたい場合は、それぞれ別のインターフェイスが必要。このへんは、PCに比べて自由度が低い、ということになりそうだ。
 価格は8000円台とちょっと高め。発売は11月末。Amazonでもすでに掲載されている(冒頭のリンク参照)。


 マイクも直結できるといいんだけどなあ、とか思ったりしないでもない。他社製品では、AmpliTubeの使用も問題ないし、マイクもつなげるTASCAM iXZが気になってるんだけど、PODも試したいしなあ。とか、いろいろ悩んでいる最中。
 そういえば、iRigはクロストーク問題というのがあるらしい。AmpliTube使用時に再生音が録音時に紛れ込むことがあるとか。しかし、GarageBandではそのへんがソフトウェア的に解消されているとも。詳細は下記リンクから。
 iRigとi2Mについて: iDギターはてなブックマーク - iRigとi2Mについて: iDギター
 iXZはどうなんすかね?
 とりあえず、クロストークの心配はなさそうなMobile Inに心が傾きかけているんだけども。ちなみに、ケーブルはフォーン-ミニプラグが2本付属。入力コネクタは2つあって、一方がギター専用、他方がステレオ対応のライン入力。
 ソフトウェアのMobile PODについては、こんな説明があった。
・著名なビンテージ&モダン・機器をベースとするフル調整可能な64モデルを搭載 (32ギター・アンプ、18ストンプボックス&ラック・エフェクト、16ギター・キャビネット)
・10,000以上のプリセットへアクセスでき、Appleディバイス内へ直接ダウンロード可能。完全無料!
・独自のプリセットをセーブ可能
・チューナー内蔵
・iTunesライブラリーとジャム演奏可能
・App Storeで無償提供
 「完全無料」ってのがやっぱりいいかなあ。Mobile Inの価格にはこのソフトウェアの価格が含まれていると考えればいいんだろう。iRigのAmpliTubeは無償版は収録アンプが少なくて、フル版は有償だしね。

 とりあえず、Mobile Inの発売まで価格の動向をチェックしておこう。
LINE6 Mobile In【 11月下旬発売・予約受付中!】【 Invitation to iPhone 】
Line6 iPhone/iPad用オーディオインターフェース Mobile in[ラインシックス]【一万円以上のお買い上げで送料無料】
posted with look!!
 そういえば、楽器フェアで試したときは接続確認しなかったな。ヘッドフォンで音を聞いてたんだけど、そのヘッドフォンは、iPad本体につながってたんだろうなあ。Mobile Inは入力しかないみたいだし。
 ってことは、iPad本体のスピーカーから音が出せるのか! 
 iRigを使っている友達が、
 「iPhone本体のスピーカーから音が出たらいいのに!」
 と言っていた。確かにそのほうが便利そう。ヘッドフォンって邪魔だしね。音質にこだわらない練習なんかのときはiPhoneのスピーカーでも音質は気にならないだろうし。
 また、コネクションキット経由でUSBオーディオインターフェイス使った場合も、オーディオインターフェイスからの出力になるので、ヘッドフォンとかスピーカーが必要。しかし、Mobile InならiPad/iPhoneがスピーカーにもなる。Mobile Inは入力専用なのだ!(たぶん) 接続が楽になるのは歓迎だ。
 こういう点がMobile Inなら解消されてる、ってことならそのぶんの魅力もあるというわけで。うん、ますます欲しくなってきたな。

コメント