「しこくのミサワ」と「S E X」

 「ハピファミカレー」というS&Bの商品のCMに地獄のミサワの絵が出てきてびっくりした。いつからやっているのかわからないけど、初めてみた。それ以上にびっくりしたのが、画面右下にクレジットとして「© しこくのミサワ」と出ていたことだ。
カッコカワイイ宣言! すごくない?編 [DVD] これについてはWikipediaなどでも触れられていた。
 地獄のミサワ – Wikipediaはてなブックマーク - 地獄のミサワ - Wikipedia
 「ハピファミカレー」のCMに地獄のミサワ 描き下ろしキャラが無表情で踊る – ねとらぼはてなブックマーク - 「ハピファミカレー」のCMに地獄のミサワ 描き下ろしキャラが無表情で踊る - ねとらぼ
 「©しこくのミサワ」となった理由までは書かれていないが、メーカーが「地獄」という言葉を嫌ったことは容易に想像できる。
 そういえば、昔にも似たようなことがあった。
 90年代前半、S E Xというグループがあった。
SEX S E Xのメンバーはギタリストのブラボー小松と、元MODE-IDの朝倉ミツヒロ。CM楽曲を担当したのだが、そのクレジットには「S E X」ではなく、「BRAVO & ASAKURA」みたいな感じで、個々の名前が書かれていたのである(ASAKURAじゃなくてMITSUHIROだったかもしれないし、BRAVOではなくKOMATSUだったかもしれない)。
 CMの商品は確か車だったような気がする。まあ、どんな商品であっても、クレジットに「S E X」と出るのは好ましくないだろう。
 ということで、「地獄のミサワ」と「S E X」が頭のなかでつながったのだった。


 そういえば、昨年の野宮真貴の30周年記念コンサートにはブラボー小松が出ていた(WOWOWの番組で見た)。ブラボー小松を見たのはピチカート・ファイヴのライブ以来だった(これは実際にこの目で見た)。また、最初で最後のS E Xのライブを見たのは確か渋谷ON AIR(EASTもWESTもなく、ただのON AIRだった時代だった気がする)。いくつかバンドが出るイベントで、ピチカートもいっしょだったのではなかったか。S E Xのアルバムは1枚めはかなり気に入っていた。しかし、なぜか2枚目は買わなかった。
pigment 朝倉ミツヒロはS E Xの後、サロン・ミュージックの竹中仁見とSILVER FINSというバンドを組んでいた(S E Xのプロデュースはサロン・ミュージックの吉田仁、竹中仁見)。1stは、ギターの音がかっこいい生かしたアルバムだった。しかし、なぜか2ndは買わなかった。
 どちらも90年代の話だ。

コメント