長州小力の秘密(かもしれない)

 毎回、なぜか見てしまうTBS『オールスター感謝祭』。対決コーナーでローション相撲というのがある。前回初登場し、かなりの人気を得たようだ。
キレてないですよ。 全員、裸にマワシで登場(女性除く)。しかし、長州小力はTシャツを着ており、その上(?)にまわしだ。
 行司役を務める西川きよし師匠が「Tシャツ脱げ」というが、小力は「脱がなくてもいいんです」だか「脱がなくてもいいって言われてます」とかいってそれをつっぱねる。御大に対してそれはどうなのか?と思ったりして、ちょっと空気が張り詰めたようなシーンになってしまった。そこまでしてTシャツを脱がない。
 なぜか?
 そうえいば、長州小力のネタ元となった(といっていいのかはわからない)プロレスラーだから長州力は当然ながら上半身裸である。しかし、小力は常にTシャツ姿だ。なんでだろう?
 安岡力也あらためRIKIYAさんと同じような理由だろうか? いままで考えたことなかったけど、突然それに思い至ってなんかダークな気分になった。
 先日、『金スマ』にて芸人としてはリスキーな悲しい過去を公開。
 死んだ父親から継いだ家業の借金をなんとか返し、芸人としても目が出てきたタイミングでさらに母を失うという感動的なストーリーを、芸人として色メガネでみられかねない(同情を持たれてしまう危険性をかえりみずに)公開してしまうという状況を受け入れてしまった長州小力。
 プロレスラーなのに、いつもTシャツ。どんな理由があるのだろうか?
 いや、なんの情報もなくって、勝手な妄想です。実際はどんな秘密が隠されているんだろうか?

コメント