Googleフォトにまかせで動画を作ってもらった

 Googleフォトのムービー作成機能がおもしろい。単なるバックアップに便利なサービス、みたいなつもりで使い始めたら、ぜんぜん違うのね。
 デジカメで撮影して、PCのハードディスクに保存しておいた数千個の写真、動画をアップローダーが時間を見つけてGoogleのサーバーにアップロードしてくれる。しばらくすると、それらを使って勝手にムービーやらコラージュやらを作ってくれる。似たようなカットを組み合わせてパラパラ漫画みたいなアニメーションってのも作られるし、露出を変えて撮った写真からHDRを作ってくれたり。それらを見るだけでもおもしろい。
 でも、やっぱり一番おもしろいのはムービーなんだなあ。勝手に組み合わせて、BGMまで付けてくれる。使われるカットは、Google次第。カットの長さもまったくおまかせ。自分で編集するとこのテンポは出ないよなあ、と感心したり。



キリンビール横浜工場

花がいっぱい野毛山公園
 まあ、このカットはどうよ? みたいな選択もあるので、そのまま公開できる作品というほどではないんだけども。編集はAndoroidとiOSのアプリ「Googleフォト」で行える。プロジェクトファイルみたいなやつにアクセスできるので、不要なカットを取り除いたり、カットの順番を変えたりすることも可能。BGMの差し替えもできる。
 ただ、Androidも端末によっては編集ができない。Galaxy S2 LTEでは不可だった。ムービーの項目がメニューに出てこない。これは解像度の制限なのか、CPUによる制限なのか。WindowsタブレットのMiix 2 8にインストールしたDuOS-M上ではムービーの項目が出て編集も可能ではあった。すんごい重いけど。これはメモリが少ないからかなあ。
 デスクトップPCには現時点では編集の手段が用意されてないっぽい。Chrome OSにはあるみたいだけども。
 とりあえず、気づいたことをメモしてみた。後でもう一度まとめてみたいところだ。
 

コメント