Windows 10のイベントログが警告だらけ、タスクスケジューラーでいろいろ

 Windows 10が落ちまくるので、原因をいろいろ調べている。その中で、イベントビューアーを見たら警告がびっくりするほど出ている。
 「タスク スケジューラ サービスが、NT TASK\Microsoft\Windows\Media Center\ActivateWindowsSearch の定義で構成の間違いを検出しました。追加データ: エラー値: %SystemRoot%\ehome\ehPrivJob.exe。」
 Media Centerのタスクに問題があるとか。Windows 10になってMedia Centerはなくなっているはず。Windows 8からのアップデートなので、それが残っているということだろうか。で、これに行き当たる。
[Windows 10] PC 起動時にタスク スケジューラの警告イベント ID 414 が多発する。 – マイクロソフト コミュニティ
 ここにあるように、Media Center関連のタスクをすべてエクスポートして(念のため)、削除してみる。
 
 ついでにバックグラウンドで動作するアプリも全部無効にしてみた。正式名称わからず。スタートボタンを押して「バックグラウンド」と入力して出てくるやつで。とりあえず、突発的な負荷がかかる可能性を下げるという意味で。それが効果があるかわからないけど。


 あと、こんなエラーも。
 「Delivery Optimization サービスは開始時にハングしました。」
 Delivery Optimizationってのは、Windows Updateの提供方法に関するもの。P2P型のネットワークで配信の効率化を図るみたいな話だけど、知るか! っていう話なので、オフにする。設定方法は以下にあった。
 Windows10はWindows Update時に他ユーザーの帯域を使うことが判明 – GIGAZINE
 とにかく問題っぽいやつはつぶしていきたい。
 結果は後程。

コメント