livedoor BlogのAmazon Webサービスをごにょごにょ

友達に聞いて知ったのだけど、livedoor Blog(ブログ)のプラグインに「Amazon Webサービス」というものがある。ジャンル(本とかCDとか)とキーワードを指定すると、それに適合する商品が最大10個までサイドバーに表示できるというものだ。
で、リンク先を見てみると「Lvdrfree-22」というIDが振ってある。livedoor(ライブドア)のアソシエイトIDであるようだ。つまり、ユーザーがこのプラグインを使っても、儲けられる(可能性がある)のは、livedoorである、ということになる。こんなんじゃ誰も使わないのではないだろうか? まあ、Blogユーザーのプロフィール代わり(こんなのが好きなんですよ、こんなのに興味があるんですよ)にはなるんだろうけれども。
どうやら、有料コースの「livedoor Blog PRO」ではここにユーザーのIDが設定できるらしい。なんともかんとも。
まあ、手動でやるとか、どっかから同様のスクリプトを拾ってきて設置するってことはできるわけで。こういうスクリプトはすでに作ってはみたものの、設置が初心者には面倒そうな気配。なんらかの(たとえば対話式の)インターフェイスが必要なのはわかっているのだが、それを作るのも面倒というありさま。時間ができたらとは思っているんだけど。
JavaScript & DHTMLクックブック―Webエキスパート必携テクニック集JavaScript で、別の方法もあるよなあ、とひらめいてみたり。JavascriptのDOMを使って、リンク先を書き換えればいいのではないかと。
ということで、無駄に時間を使ってなんとか出来上がり。例によって、正規表現でつまづいてみたり(ちなみに。こんなときに、FirefoxのJavascriptコンソールはとっても便利だ。間違いを指摘してくれるから)。
まあ、公開する可能性は、先のスクリプト以上にないような気がするけど。だって、規約違反ぎりぎりっぽいもんなあ。livedoor的に。でも、書いてないから問題ないか。あと、Amazon的にはぜんぜん大丈夫、かな。どんなにがめついんだ、といわれそうだが、まあJavascriptの勉強ということで。

コメント