デビュー初期にしかありえない魔法

 音楽には円熟と初期衝動とかそういう問題がある。はず。いや、こういう話だっけ?
 デビュー曲(および、2ndシングルくらいまで)に宿る魔法のようなすごいものがある。という話。
 今、去年に出たあるアーティストの1stを聞いてたんだけども。20年くらい(大げさ)の自分の音楽遍歴をぐわーっとさかのぼるみたいな経験をした。
 なんか、最初の曲がいいというのは。そのアーティストを好きになった瞬間の曲が、最後まで(まあ、今現在までってことでいいけど)、最高の作品だ、ということがあるんだろうな、っていう。いや、これは前から思ったり、打ち消してきたりしたような話なんだけど。
 「やっぱり、○○は最初が一番よかったよな」ってのはどうかと思うんだけど、よかったものから、少なからず年を経るごとに変わっていくことで。それについていく必要もないわけで。まあ、変わっていくからおもしろい人とかもいるわけで。
 下手なままでよかったのに、とかそういう話か。いや、それだけでもないかも。
 とりとめないまま終わる。

コメント