WordPressのページ内に特定カテゴリーのリストを表示(タイトルのみ)

 WorsPressで構築しているサイトで。ダッシュボード(カンタンに言うと管理ページトップ)に、バージョンアップのお知らせが出ていた。2.8が出てて、自動アップデートができるそうだ。
 指示に従う。FTPのアカウントとかを入力。もちろん、ディレクトリの属性とかは設定しておいてから。バックアップとれ、とかいう警告もあったけど、作ったばかりのサイトなので、気にせずにそのまま実行。普通にうまくいった。sすんげー楽。びっくりした。
 で、今回実際にやりたかったのは、作成済みのページに、投稿済みの記事のリスト(タイトルのみ)を表示したいというもの。
 WordPressではいわゆるブログ記事にあたる「投稿」とは別に「ページ」というのがある。「ページ」というのは、日付(というか順番?)に依存しないコンテンツに使われる。連絡先とか、aboutとか。
 で、そのページのカスタマイズ。入力欄にそのままコードは書けないようなので、新たにページテンプレートというのを作る。ページの編集ページ(ややこしいな)を開くと、テンプレートを指定する項目が出るはずなのだけど、出ていない。調べる。
 選択肢が出ない原因は、使っているテーマによるようだ。こちらにあった。「自作テーマを使用するとページテンプレートを選択する項目が消える」。
 なるほど。で、デフォルトテーマからコピーしてみると、うまくいく。これをヒントに、次。元からあるpage.phpの頭にテンプレート用の記述をしておいて、いじり始める。
 記事のリストを出すにはget_postsというテンプレートタグを使う。カテゴリとか順番が指定できる。例が挙がっているのでカンタン(まあ、そのわりにはここまでくるのに1時間くらいかかったけど)。詳しくは「テンプレートタグ/get posts」。
 メモ。


 情報を探すのに時間をかけるくらいなら、カスタマイズ本とか買ってもいいかなあ、とか思い始めてきた。
 でも、バージョンアップが早いからなあ。WordPress。
WordPress 2.7対応「導入&カスタマイズ」実践ガイド―個人ブログも企業サイトも簡単&無料で構築できる!WordPress 2.7対応「導入&カスタマイズ」実践ガイド―個人ブログも企業サイトも簡単&無料で構築できる!

基本からしっかりわかる WordPress 2.7 カスタマイズブック (Web Designing BOOKS)基本からしっかりわかる WordPress 2.7 カスタマイズブック (Web Designing BOOKS)

WordPressサイト構築スタイルブック―デザイナーのためのテンプレートタグリファレンス+サイトデザインテクニックWordPressサイト構築スタイルブック―デザイナーのためのテンプレートタグリファレンス+サイトデザインテクニック

いま一番わかりやすい WordPress日本語版でブログサイト構築入門いま一番わかりやすい WordPress日本語版でブログサイト構築入門

コメント