デジカメ壊した EX-ZR100電池カバーもろすぎ

 テーブルから落としてしまった。落ちたとたん、電池カバーがぱかっと開いた。電池をとめるツメが微妙にひん曲がっている。むりやり押し込んだりしてたら戻った。ちゃんと電池の取り外しもOK。
 と、思ったら電池&SDカードのカバーが閉まらない。こっちのツメはかなり薄く、それが折れてしまったようだ。で、折れた破片を探すのだが見つからない。どっか飛んでいってしまったようだ。家の中なら時間をかけて探すのだけど、人がいっぱいいる公共のスペース。えんえん、床を這って探すのは無理。ということであきらめる。
 修理に出そう。そう思って、「カシオ 修理」で調べる。秋葉原に修理受付の拠点があるようだ。さっそくそこへ向かう。
 で、到着。受付で聞く。修理代は4500円だそうだ。高っ!
 そして、修理完了まで10日ほどかかるのだという。うーむ。ちょっと来週使いたいんだけど。
 ということで、いったん持ち帰ることにしようと思う。と話すと、そのものじゃないけど、代替機が用意できる。という。出せる機種を見てくる。と言い、担当者は裏へ行く。おっ!それならいいかも。と思いつつ、その間に、壊れたカメラのカバーの部分をスマホで撮影。
Casiocamera01 Casiocamera02
 灰色の部分が折れてしまったところ。ほんとはカバーの外側まではみ出すはずなのだ。
 そうこうしているうちに代替機を持って担当者が席につく。型番は忘れたのだけど、フルHDな動画には対応していない模様。マニュアルをチェックさせてもらうと、やっぱり対応していない。これではちょっと使えない。
 ということで、やっぱり持って帰ることに決定。
 しかし、カバーは開いたまんまだ。どうしよう。と、思ってると、受付のデスクにはセロテープ台が置いてある。そこのテープで押さえておこう。ということで、「テープください」つって、セロテープでカバーをとめて帰ってきました。
 やっぱり代替機に最新モデル出してくれるなんていうムシのいいことはないかあ。さすがに。ちょっと期待してたんだけど。


 あと、もろすぎは言い過ぎか。固い床だったしね。高さは80cm程度。ということで、みなさん気をつけてください。まあ、普通は、落とさないか。

コメント