DIGA DMR-BZT710のリモコンが壊れたので互換リモコン買った

リモコン 家電

 Panasonicのブルーレイレコーダー「DIGA DMR-BZT710」のリモコンが壊れた。いや、もう2年くらい前から一部のボタンが効かなくなっており、壊れたっちゃ壊れたような状態で、だましだまし使っていた。

 そして台風19号が関東を襲っている最中、押してもないボタンが反応したり、 あるいは押したボタンが反応しないとか、まったくおかしな状態に。仕方ないので、PCからESP8266マイコンを使って自作したリモコンでしのいでいたのだが、やはり面倒なので、新しく買うことに。Amazonで探してみると、純正品よりも1000円くらい安いものが見つかった。早速購入。

 で、届いたのが冒頭の写真。奥にあるのがこれまで使ってた純正品。手前が新しくかったやつ。製品名は「AULCMEET ブランド ブルーレイディスクレコーダー用リモコン fit for Panasonic」。

 ブルーレイレコーダーのチャンネルボタンが表に出てるのが便利に思った(純正品はカバーを開けないとアクセスできない)。しかし、ボタンの位置と大きさがなんとも使いにくい。まず大小のバランスが、実際の使用頻度に合ってないという感じ。よく使うのはもう少し大きくするとか、隣のボタンと離して配置するとかあるだろうに。という感じ。まあ、他のビデオ機器と共通の金型、ボタンなどを使っていそうなので、仕方ないのかもしれない。

 そうそう。中央あたりにテレビ用のチャンネル、音量、電源、入力切り替えボタンがあるのだけど、なぜか電源ボタン 入力切り替えを挟んで上下に二つある。なんでこんなことになってるのか?

 それから、ブルーレイレコーダーのチャンネルUP/DOWNボタンのクリック感がまったく違うのが気持ち悪い。UPボタンの列はクリック感なし、DOWNボタンの列はカチッという感触がある(電子工作でよく使うタクトスイッチみたいな感じ)。これも他の機器用を使いまわしてるからだろうなあ。

 とはいえ、機能的には問題はない。足りないボタンもない。もう買ってしまったわけだし、配置などは使っているうちに慣れるだろう。本体が軽いのもいい。送信用のLEDが1個しかないのが不安だったけど(純正は角度を変えて2つ搭載)、特に問題なく使える。いい買い物をしたというのが最終的な感想だ。

コメント