これまでにない方法で歌唱入力 eVY1シールド+iOSで

 まだまだ続くeVY1シールド(スイッチサイエンスのeVY1Shield)でなんかするシリーズ。MIDI Designerでやれることは結局既存のDTMの延長でしかないというか、おもしろみがないなあ、と思っていたので別の方法を模索。ある日突然思いついた方法を試す。
 これまでやってきたような方法ではボタンが増えすぎる。
 ヤマハが公開したリアルタイム演奏できるキーボードみたいに同時押しが増えるのも、普通の人はたぶん弾けない(もちろん私も無理)。
 ということを解決するために考案。
 まったく知識がないところからだったので、すごく苦戦する。
 そして、多少形になったころ。「フリック入力を無線でやればいいのでは?」という発言を見つけ、やべー、先越される! と思いつつ、さらに研究を続けるも、やっぱり進まず。やっとできた。


eVY1 Shield / VOCALOIDリアルタイム演奏 新入力方式 iPadで歌うキーボード 目指せフリック超え
 ネタバレになるので、とりあえず詳細については今回は書かない。
 で、YouTubeにアップロードしたのが、12月5日。
 もう少しダイレクトな反応も欲しいと思っていたところに、eVY1歌唱入力戦争というタグがニコニコ動画に出てきたという話を聞きつけ、「参戦しなくては!」となぜか思い参加してみることに。
 それが6日夜。マナーがわからずなんか問題あったらすみません(ご指摘いただけるとありがたいです)。
 で、7日。なんとかそのタグをつけてもらえ、戦争に参加することができたようだ。記録。
 だれでもすぐ試せる(eVY1シールドに加え、iPhone、iPadなどが必要だけど)という点では、けっこう需要があると思うんですが。いや、思ったよりeVY1シールドって数が出てないのかな?
 予約販売が始まったようなので、確実に入手できる状態になってるのだとは思いますが。
 スイッチサイエンス – 《予約販売》eVY1シールド(ピンヘッダ有り)はてなブックマーク - スイッチサイエンス - 《予約販売》eVY1シールド(ピンヘッダ有り)


 実は、YouTubeに動画をアップした時点ではパフォーマンスが上がらず、試してもらえる状態にする = 一般公開なんてとてもできないかなあ、と思っていたのだった。それがちょっとチェックしなおしたら十分レスポンスがよくなった。これならいけるかも! と思い、ニコニコ動画にアップした次第。
 さらに初心者でも入力しやすくするネタも用意してるんだけど、それのテストにはもうちょいかかりそう。ネタ切れはまだしない感じ。まあ、自己満足ですが。

コメント