iOS用アンプ/エフェクトアプリJamUpのアコースティックシミュレーターがすごい

 いろんなアコースティックシミュレーターを使ってきたが、これはなかなかだ。というわけで、つい最近アップデートされたPositive GridのJamUp PRO XTのアプリ内課金で買える「Acoustic Expansion Pack」の話だ。


Positive Grid Acoustic Simulator (JamUp Pro) Demo
 これ見たら「おっ!」と思うよね。でもって、これ。



Drewsif Stalin – Positive Grid JamUp Acoustic Simulator Demo
 エレクトリックギターの音とは思えない。これがJamUpの新しいオプションだ。
 JamUpというアプリは現在、「JamUp XT」と「JamUp PRO XT」という2つのバージョンがあり、前者が無償版というか体験版的位置づけ、後者が有償版。また、アプリ内で課金することで、エフェクターやアンプなどが追加できる。どっちを買っても、気にいるものがあれば追加購入することになるのだ。
 で、以前かアコースティックシミュレーターとして「ACOUSTIC」というアンプモデルがあった。確か500円くらいだったか。これの出来もそんなに悪くない気がしてたんだけど、新たに追加されたやつは次元が違った。
 それが「Acoustic Expansion Pack」に含まれる「Acoustic Pro Simulator」。アコースティックギターのボディシェイプがドレッドノート2種(Dreadnought)、ジャンボ(Jumbo)、オーケストラ(Orchestra)、ブルーグラス(Bluegrass)、コンサート(Concert)から選べる。ボディシェイプというのは、形状とサイズも含めての分類らしい(ほぼ知らない)。昨年のTOKYO GUITAR SHOWのTaylorのセミナーでいろいろ聴き比べができたので、うっすらした知識はある。まあ、見ればわかるか。

JamUp Acoustic Simulator Demo / New Acoustic Pro Simulator (Acoustic Expansion Pack)
 とにかく、キャラクターの違う音が数種類出る。気に入るものもその中には見つかる、という感じ。以前の「ACOUSTIC」のVOICE 1/2の切り替え、BASS/MIDDLE/TREBLEのノブといったパラメータよりはだいぶわかりやすい。ボディシェイプの絵も出るしね。
 ということで、JamUp Pro XTは現在セール中。半額になってるっぽい。Acoustic Expansion Packも1000円するんだけど、通常価格でオプションが付いてくると考えれば激安だ。

 以前はこんな動画も作ってました。今回のとほかの機材の比較もできるかな。


Acoustic Guitar Simulator – amPlug / JamUp / BR-800 / TH2

コメント