M5関連ボード情報とライブラリアップデート

M5C_NCIR M5Stack

M5StickCでプログラミング。M5Stackで作ったやつを移植する。I2C接続のセンサーを接続して値を読み取るというもの。Wireライブラリを使うのだけど、おかしな値が出る。

というか、前に作ったプログラムではどうだったけな? と思い、見てみるとI2Cのピン番号を指定していた。Wire.begin(32,33)って具合だ。

そういえば、当時はM5StickCが正式発売前で、ボードマネージャでは「ESP32pico」とかいうのを選んでいたのだった。調べてみるとすでに「M5StickC」が選べるようになっているという。これを参考に各種アップデート。

M5StickCで小型環境センサ端末を作る – AmbientでIoTをはじめよう

ボード情報はESP32のものを1.0.1から1.0.2に。ライブラリは0.0.5から0.1.0にした。ついでなので、M5Stackのライブラリも0.2.5から0.2.9にしておいた。確かに「M5StickC」が選べる。っていうか、表記は「M5Stick-C」になってる。ボード情報のところでは「M5StickC」だったのに。こういうところがテキトーなのはなんとも……。

その後、M5StickCにプログラムを転送するのだが、これがエラー連発。前から調子が悪いのだ。$1でゲットしたキャンペーンバージョンだからか。つなぎ直したり、ケーブル変えたり。何回かやって、やっとうまくいった。

コメント