ヒッキー、あと10年

 宇多田ヒカルが最初に出てきたとき、十代の脅威みたいな文脈で語られることが多かったんだけれども、現在ではそれは通じない。だからこそ苦労している雰囲気が伝わってくる現状がこれまたおもしろく感じる。太ったこととかはぜんぜん関係ないよ、と思わせるたたずまいは貫禄さえ感じさせられる(いや、貫禄は違う意味かもしれない。やっぱり)。
You Make Me Want to Be... でも、歌詞はいまだスキルが足りてない感じがどうしてもしてしまう。あと、10年。そしたらよくなりそうな気配。あと、前出のエントリでビョーク化、と書いたのは、歌詞に「With My Hands」とあるからだけってことかもしれない。「It’s In Our Hands 」を思い出しただけっていう。
 今、「うたばん」見てて思ったって話。今回はバックにアコギのみ。まあ、あとはテープ(なり打ち込みなり)なんだけど。

コメント