映画『どろろ』

 映画『どろろ』。最初はこのキャスティングはどうだろう? とか思っていたのだが。宣伝用のビデオを観るとけっこういいような気配。まあ、こういうのはアテにならない場合が多いんだけども。
 Yahoo!動画-映画『どろろ』特番
どろろ (1) イメージ的には、
 百鬼丸:オダギリジョー
 どろろ:志田未来
 とか思ってたんだけどな。友達と話してて、そういう結果になった。
 妻夫木聡はまだしも、どろろが柴咲コウってのはなあ。大人すぎるだろ。見た目が少年だからありえる設定なんだけどな。
 『どろろ』の原作を初めて読んだのは小学生だったか、それとも中学生だったか。トモヒロが貸してくれたんだった。すんげー気味悪い、というか、怖いんだよな。
 あとで知った話では。連載当時、水木しげる の『ゲゲゲの鬼太郎』がはやってて、妖怪ものを自分もやれるんだ!ってことを示すために手塚治虫が書いたのが『どろろ』だったそうだ。「負けず嫌いの手塚治虫」らしい話だ。で、鉄鼠(てっそ)にそっくりな妖怪が出てくるのだけど、それは手塚の長男の手塚眞が子供時代に自分で創造して書いた絵を元に、手塚治虫が描いた、という話がコンビニ専用コミックスに載ってた。ほんとかうそかはわからないのだが。これ。その手塚眞が書いた絵は鳥山石燕(とりやませきえん)そのまんまだったんだよな。それを手塚治虫は知らずに引用してたのだろうか? それもありえない気がする。どうだったんだろうね、これ。


 で、当然だが。原作は全部持ってる。ちょっと自慢。
 には、ならないか。

コメント